Products
製品情報

テンポイント®

四隅に皿孔加工を施した強化ガラスを、フレキシブルに回転するロチュール(特殊ヒンジボルト)を用いて固定した、透明感に溢れるフレームレスガラスファサードです。

ガラス周囲にサッシフレームが存在しないため、ガラスの透明性を極限まで引き出した大型ガラスファサードを創り上げることができます。
街並に美しい表情を際立たせる外観の創造はもとより、内観的にもすっきりしたインテリア空間を実現します。
ガラス、支持部品、支持構造体を様々な品種やタイプから、ニーズに合わせてお選びいただけます。

システム概要

ガラス四隅に加工した皿孔と、ロチュール(特殊ヒンジボルト)によりガラスを支持します。皿孔を用いるため、ガラス表面は完全なフラットサーフェスとなります。

ロチュールは、ヒンジボルトが自由に回転できる構造であり、ガラス面に加わる外力に対してガラスを無理に拘束することがありません。そのため、ガラス皿孔部に発生する応力が極めて小さくなり、一般的なボルト止めと比較して、耐風圧性能、耐震性能が格段に向上しました。

支持部品

ロチュール(特殊ヒンジボルト)

孔部には複数のバリエーションがあり、合わせガラスや複層ガラスなど様々なガラスに対応できます。

ロチュール

X75型金物

外力を支持構造体に伝達するための支持部品として、X字型の金物(X75型金物)を標準部品として用います。X75型金物以外にも、プロジェクトに応じて様々なオリジナル部品の提案が可能です。

X75型金物

支持構造体

支持構造体は様々なバリエーションからお選びいただけます。

  • テンション構造体
  • 鉄骨構造体

ガラス

四隅に皿孔加工をした強化ガラスが標準です。条件により倍強度ガラスも使用可能です。

ガラス代表品種
アイコンについて
フロートガラス
倍強度ガラス
複層ガラス
Low-E 複層ガラス
サンジュール
強化ガラス
単板ガラス
合わせガラス
安全ガラス
セラミック
プリントガラス
単板
PT(10、12、15、19)+飛散防止フィルム、HS(10、12)
合わせ
PT+PT、HS+HS、PT+HS(ストレート孔側)
複層
HS+A12+HS、HS(Low-E)+A12+HS

ガラス構成は、設計風圧、ガラスサイズに応じて、FEM(有限要素法)による計算を行って決定します。

● 製造可能寸法
最小:150×250mm 最大:3000×6000mm

 

詳細資料へ